説明動画と説明書の使い方

動画を見ながら説明書を読むことでより解りやすく作業を進めていくことができます。説明書には動画と共に重要な箇所の時間を書いています。わからない点や気になった点などがあればその時間から動画を再生してください。

  1. 注:このビデオはLongBoard Hybrid シリーズのビデオですがHybrid 96 SUP にも適用できます。違いは青い文字の文書がHybrid 96 SUP の説明です。
  2. (0:25) SUP を取りだします。(平らな場所で取り出してください)
  3. (0:37) エアバルブがボードの前方に1つあります。キャップを外して黄色いバルブ弁を押しながら左に¼ひねるとバルブ弁が上にあがります。黄色いバルブ弁が上にあがったら空気を入れましょう。(このバルブ弁が上にあがっている間は中の空気が外にでることはありません。バルブが下にさがっている時は中の空気が外に出ます)
  4. (0:50) HB96 SUPにはダブル / シングル インライン圧力計付高圧SUP赤いポンプが付いています。ホースをSUPポンプにつなげてください。
  5. (1:15) アダプターを取りつけたホースをエアバルブに差し込み、閉まるまで右に回します。はじめにDOUBLE ACTIONの方へつまみを回し空気を入れます。ポンプが重たく感じましたらSINGLE ACTIONへつまみを回し空気を入れてください。最高の安定性とパフォーマンスを得るために12~15 PSI (83~103 kPa)になるまで膨らませてください。記載されている空気圧を守ってください、ボード内の空気圧が高すぎたり低すぎると 不安定になったりパフォーマンスを発揮する事ができなくなります。
    • SEA EAGLE社のポンプを使用して下さい。決してエアコンプレッサーなど使わないでください。
  6. (1:40) また、シーイーグルジャパンではボート・カヤック・SUPの組み立てをより簡単にするために電動ポンプもご用意しております。
  7. (2:15) 空気を入れ終えたら空気バルブにキャップをしましょう。
  8. (2:20) SUPパドルの組み立て:パドルにミドルシャフトを取りつけます。ブレードにあるSEA EAGLE のロゴが見えるようにパドルを正面にひっくり返してください。シャフトのロックを緩めてハンドルを入れます。SEA EAGLE のロゴと同じようにハンドルの目盛を正面に向けてください。お好みの長さに調整しロックを締めてください。
    ハンドルとパドルのブレードが正しい向きにあることを確認してください。(ハンドルとブレードの向きはとても重要です。)
    • SUPパドルの長さ調整:SUPパドルは170~215cmに調節可能です。
  9. (3:55) カーボンシャフト SUPパドルの特徴と長さの調整:カーボンシャフト SUPパドルはレースのみならず、長距離のツーリングなどでも最高のパフォーマンスを発揮します。
    カーボンシャフト SUPパドルは188~208cmに調節可能です。親指と人さし指でスナップを押し出すことによってロックを解除する事ができます。お好みの長さに調整してください。
    スナップを中に押し戻すことによってロックがかかります。
    • 4:27~7:35の動画はデラックスパッケージをお持ちでない場合は飛ばしてください。
  10. (4:27) デラックス カヤックシートをお持ちの場合はバルブ本体をシート本体に着いているバルブベースに取り付けてください。
    • バルブ本体をバルブベースに取り付ける作業は一度のみです。
    • バルブ本体をより簡単にバルブベースに取り付けるためにはバルブ本体についているOリングを2~3分温水に浸けます。温水に浸けることでOリングが柔らかくなります。
    • Oリングをバルブベースに取り付けたらバルブ本体をバルブベースにねじ込んで取り付けてください。その後バルブ本体のキャップをあけて下さい。
  11. (5:00) ホースをラージマウスアダプターに交換してください。アダプターはポンプキットの中にあります。シートの背もたれを膨らませるために約12~14回ポンピングします、座面を膨らませるために約6~7回ポンピングします。
    • シートはポンプを使わなくても口で膨らませることもできます。
  12. (5:30) シートをボードに乗せ、シートストラップを前方のDリングに取り付けてください。
    SUPに付属しているアジャスタブルストラップをシートの周りに通します、後方のDリング2つにもストラップを通します。ストラップを締めシートを固定してください。
  13. (6:18) AB304分割パドル:ブレード、ドロップガード、シャフトがそれぞれ2つずつあります。(このパドルはデラックスパッケージに同梱されています。)
  14. (6:35) シャフトの端には穴が3つあいています、もう一方には穴が1つあいています。まず穴が1つのシャフト端からドリップガードを装着します。次にブレードを穴が1つあいたシャフト端に取り付けます。同じようにもう一つのシャフトも組み立てていきます。
  15. (7:00) ブレード、ドリップガードを装着した2本のシャフトを組み立てます、3つのポジションがあります。
  16. (7:20) Hybrid 96 SUPを裏返してください、スケグをスライドさせ取り付けクリップをします。スケグベース内に砂が入っていない事を確認してください。(砂が入っていると正常に取り付けることができません。)
    • ボートが膨らんでいる、膨らんでいないどちらの状態でもスケグを取りつけ取り外しする事が出来ます。これはすばらしい特徴でスケグを取りつけることで水上を真っすぐ進むことがきます。また、スケグを取り外すことで水深が浅い場所でもパドリングが可能になります。
  17. (7:47) 収納はとても早く簡単にすることができます。シートの空気を抜いてからシートを取り外してください。その後、パドルを分解してください。
  18. (8:16) まずスケグとスケグベースを固定しているクリップを外しスケグをスライドさせて取り外します。
  19. (8:21) SUPの空気を抜くときはまず、バルブのキャップを取り黄色のバルブ弁を押しながら右に¼ ひねります。(空気を抜くときは空気バルブに顔や物を近づけないでくださいケガや事故の原因となります)
  20. (8:35) ボードを後ろから前に折りたたんでください。
  21. (8:40) まず最初に、スケグベースが平らであることを確認し後ろから前に向かって下記の写真のように折りたみ ます。
  22. (9:00) 折りたたんでいくと2つのビルトイン・スケグがあります。この時、スケグ・プロテクターをつけてください。その後、前に折りたたんでください。
  23. (9:22) 畳んだボードにストラップを通して締めてください。(ストラップは別途料金)
  24. (9:40) ボードと全てのアクセサリーをバックパックに入れてください。

シーイーグルの新しいSUPを楽しんでください!